おはようございます、ishiiです。

来月竣工のマンションリフォーム。
いよいよ仕上げ工事が始まっています。

今回、採用されたビニルクロスは、まるで塗装のように平坦なもの。
サンプルを見てもとても美しいのですが、
通常、リフォームでは採用しないものです。

なぜか、というと、
リフォームの場合、以前使用していたクロスを剥がして貼りなおすのですが、
古いクロスを剥がす際、裏紙が残ったり、残らなかったりと、
きれいに剥がすことが出来ないので、あまりに薄かったり、
平坦なクロスだと、下地の影響をもろに受けてしまうのです。
それゆえ、リフォーム用として、メーカーが用意しているものは厚みがあったり
凸凹したものばかり。
見た目も「ザ・ビニルクロス」なのです。

さすがにそれは今一つだなぁ~と
私たちはいつも、デザイン性も考えつつ、
きれいに貼れなければ意味がないと、
「この薄さまではいけるかな?」
と、ギリギリの線を攻めています。

が、しかし。
今回は、思いっきり薄くてフラット、下地をもっとも拾ってしまうクロスが採用。
カタログにも

「商品厚が薄くフラットなため、下地処理をより丁寧に、糊だまりやパテ色にもご注意願います。
ただし、下地の状況によっては下地の凹凸を完全に抑えることは困難です。あらかじめご了承ください。」

と思いっきり書いてあります。
つまり、きれいに貼れないかもしれないけど、文句言わないでね。
と、メーカーが始めっから言ってしまっている商品💦

今回、壁も新しくする箇所が多いリフォームなのですが、
壁って、石膏ボードを継ぎ合わせて作るもの。その継ぎ目ごとに処理が必要です。

お客様には、そういった商品であることを十分お伝えした上での採用となりましたが、
それでも何とかきれいに仕上げてあげたい。
職人さんにも、よくよくお願いをしておいたのですが…

先週水曜日から入ったクロス工事、なんと1週間、下地処理が続いています!

新しく作った壁も下地入れたりした継ぎ目がたくさん、
こりゃ大変だっただろうなぁ

これだけ手間をかけても、きれいに貼れるかどうかは
やってみなくては分かりませんが、やれるだけのことはやりました。
明日からいよいよクロス貼り。
どうかきれいに貼れますように!

(IS)

*** LiBcontentsからのお知らせ ***

新型コロナウイルス感染拡大への対応について
 リブコンテンツでは、お客様ならびにスタッフの安全を守るため、
 厚生労働省の指針に基づいて感染予防に努めております。
 ショールームにおきましては、お客様に安心してお越し頂けますように
 営業時間とご案内方法を一部変更させていただきます。
 お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが
 ご理解くださいますようお願い申し上げます。
 詳しい感染防止対策については、こちらをご覧ください。

◆オンラインサロン会員募集中!
 LiBconents がセレクトする、暮らしをゆたかに彩る情報が集まる場として
 オンラインサロンを運営しています。
 キッチンやインテリア、リフォーム情報だけでなく
 料理やお茶、お菓子作りはもちろん、旅のことやキャリアのこと、
 ライフスタイル全般に関わる楽しく充実したコンテンツをお届けしています。
 
 コンテンツの詳細やお申込みはこちらまで→
 ↓イメージ動画をぜひご覧ください 

◆書籍発売中
『しあわせを育てる Kitchen』
オーダーキッチンとインテリアリフォーム、10軒の家族の物語
(誠文堂新光社)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: web_cover-283x400.jpg

10軒の最新実例集ご購入はこちら→Amazonページ

『愛せるキッチン、愛する暮らし』
50代からの私らしい住まいと暮らし方(光文社)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_4376-280x400.jpg

大人世代のリフォームストーリーとエッセイ集(
ご購入はこちら→Amazonページ※書籍ご購入者にはオンラインサロン1か月参加特典

カスタムCSS & JS