□オーダーキッチン

ストレスが日常の日々にさようなら

コロナ渦の長い自宅生活を経て、
またまた嬉しい声が届きました。

一昨年、キッチンリフォームをさせていただいたKDさん。
ご自宅で、【献立塾】を主宰されています。
詳しくはこちら →

私はKDさんからのメールletterを取っているのですが、
その中にこんなコメントが…

抜粋してご紹介しますね。

↓ ↓ ↓

 

私がこの長――――い休みの間に
「やっておいて良かった!!!」
と、心底思ったことは。

キッチンのリフォームです!

実は、リフォームを検討した最中は、
「あと数年後でもいいか」と思っていました。
我が家は、マンションですし、
狭いキッチンだったんですよ。

ここで、あれもこれもソレモ~~
作っていました。
献立塾の生徒さん達は

「このサイズのキッチンで
できていることだから
自分の家で出来ないはずない!」

と思ってくださったんですって。

それを、大改装したのが1年半前。
工事が終わって引き渡しされた後

「あ~人生の目的を達成した!これで悔いなし!」

と思ったくらいです。

あはは。大げさ?
そのくらい、インパクトがあった達成感でした。

私は、仕事のために
リフォームしたのではありません。

人生の目的があったから。

おかげで、家族みんなが
手伝いしやすくなりました。

「キッチンが真ん中」の暮らしなので、
料理をしていても
孤独感がありません。

食事作りを私だけが頑張っている!
って感じはないです。

「キッチンにいる自分、
しあわせだなぁ~」って

今まで以上に、
思うようになりました(*^-^*)

あ~~悔いなし!!!
みたいな感じ。

ちっちゃな達成感とは異なる、
な~~んか、
大きなエネルギーが動く感覚。

そしてはじめて気づいたんです。

「わたし、前のキッチンが
ものすごくストレスだったな。
めちゃくちゃ、頑張ってたな」
ということに。

もうそれに気づいた瞬間、
じんわりと涙がでてきました。

すっごく、すっごく、すっごく
我慢していたんだな~って
ぜんぜん気づいていなかった。

そんな自分が、
健気にも感じました(笑)

そのくらい、
日常の当たり前は空気と同じで、
失ってはじめて、または
変わって「異次元」になったことで、
やっと気づく。

↑ こちらがKDさんのリフォーム後のキッチンです。

私宛へのメールではなく、
生徒さんたちに発信されている
メールletterの中でのコメントであることに、
本当に実感がこもっていることが感じられました。

そうなんですよね、不自由さも
日々の生活の中で当たり前になってしまう。

リフォームのお打ち合わせ時に、
「ここ、使いにくくないですか?
こうなっていた方がスムーズですよね」とご説明すると、
「え?考えたこともなかった!
確かにそうですよね!」と驚かれることも多々あります。

そうした、ご要望以上のことを提案することが
私たちの大切な仕事でもあります。

そして、こんな風に
今度は、この快適さが当たり前になり、
日々の生活の中に幸せを感じてもらえたら。

この幸せを、もっとたくさんの方に届けられるよう、
さぁ、がんばろう!

 

(IS)

 

*****************************************************************************

◇ショールームご来場について◇

5月25日に政府より発表されました緊急事態宣言の全面解除を受け、
ショールームの営業を再開いたしたが
当面の間は、営業時間の短縮と完全予約制での営業とさせていただきます。

【営業時間】10:30~17:00
【定休日】日曜、祝日

来場予約はフォームはこちら →
当時のご予約はお電話 (03-5726-9925)にてお願いいたします。

また、お客様に安心してご来場いただけますよう
ショールームスタッフはマスク着用にてご案内、
お客様用マスクもご用意しております。

どうぞお気軽にご連絡くださいませ。
ご来場お待ちしております。

こちらもご報告 ~N-house

みなさま こんにちは。oheです。

GW明けからジワジワと陽ざしや湿度が夏モードに。
私の一番好きな初夏が過ぎ去ってしまう。。。
来年は青空の下で
新緑を思いっきりたのしめますように。

さて私もこちらの工事()のご報告を遅ればせながら。

長年大変お世話になっている
カガミ建築計画さんの
お引越し前のリフォーム工事で
キッチンを納めさせていただきました。

Beforeは細長いI型キッチンに
奥側にカウンター収納というレイアウト。
Nさんのご家族4人が使うのには
収納スペースや動線も使いづらいものでした。

Nさんのリクエストは
以前お住まいの収納物の置き場所がちゃんとあって
なるべく家族みんなの動線がスムーズにというもの。

置き場所のなかった冷蔵庫スペースや
デッドスペースだった柱まわりを最大限使った食品庫。

家電やゴミ箱が置ける広めのカウンター収納や

朝はご主人が手挽きでコーヒーを入れたり
お子さんそれぞれが朝食の準備ができる対面式カウンター収納。

どこそこもまわりとのおさまりがシビアすぎて
ひと汗もふた汗もしましたが (;^_^
ギリギリほぼ機器の在庫も間に合い
無事3月にお引渡しができました。


取扱い説明時には料理男子の息子君が
IHの説明を熱心に聞いてくださりました。

その後お住まいになったNさんからは
『どこもサイズ感がばっちりで
動線もとてもいいです~。』
お手入れなど気にされて、とても大切に使って下さっているよう。

今回新商品の洗濯乾燥機も入れさせていただき
またぜひお使い勝手など引き続きご感想うかがえればと思います♪

(ohe)

 

 

 

 

*****************************************************************************

◇LiB contents 臨時休館延長のお知らせ

リブコンテンツでは新型コロナウィルスの感染拡大による
「緊急事態宣言」後の現状を鑑み
臨時休館を現在も延長させていただいております。

日中スタッフが不在の場合もございますので
ご連絡がつかない場合には
お伝えしている各スタッフの携帯電話またはメールアドレスまで
下さいますようお願いします。
ご連絡先が不明な方はお返事に少しお時間がかかってしまうかもしれませんが
下記infoアドレスまでご連絡ください。
>>info@libcontents.com

機器類の不具合による修理が早急に必要なお客様は
メーカー窓口でも対応可能です
>>メーカー窓口

今後また状況が変わりましたらご案内させていただきます。
お客様にはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが
何卒ご理解下さいますようお願いします。
>>ショールームのご紹介はこちら

 

あこがれのキッチン KM邸お引渡し

おはようございます、ishiiです。

先月末、キッチンのお引渡しがありました。
戸建ての新築。
この状況下で無事、竣工に至ったこと、
本当にほっとしています。

設計は、長年お世話になっているアトリエサラさん。
リブコンテンツでは、キッチンと背面の収納カウンターを
製作させていただきました。

KMさんは、あるキッチンの写真に心惹かれ、
その施工事例の工務店さんへ
その写真のお宅を設計したアトリエサラさんを紹介していただき、
アトリエサラさんからリブコンテンツを…

KMさんが始めに目を止めたのはこちら
TK HOUSE →  
リブコンテンツのキッチンだったのです。

なんだか少し遠回りして、
やっと出会えた感じ。

テイストは第一印象のあこがれのキッチンのまま、
収納の形状はKMさん用にカスタマイズ。

まもなくお引越しのご予定。
お子さんもすでにすっかり新しいお住まいになじんでいる様子。

外出自粛により、家時間が長くなり、たくさんのお客様から
「お気に入りのキッチンのおかげで、巣ごもり生活も快適です」
「リフォームして頂いても、本当によかったです」
というお言葉をたくさんいただきました。

きっと住まいって、これまで以上に大切になっていく事でしょう。

KMさん、ありがとうございました。
末長く、よろしくお願い致します。

(IS)

 

*****************************************************************************
◇LiB contents 臨時休館延長のお知らせ

リブコンテンツでは新型コロナウィルスの感染拡大による
「緊急事態宣言」後の現状を鑑み
臨時休館を現在も延長させていただいております。
日中スタッフが不在の場合もございますので
ご連絡がつかない場合には
お伝えしている各スタッフの携帯電話またはメールアドレスまで
下さいますようお願いします。

ご連絡先が不明な方はお返事に少しお時間がかかってしまうかもしれませんが
下記infoアドレスまでご連絡ください。
>>info@libcontents.com

機器類の不具合による修理が早急に必要なお客様は
メーカー窓口でも対応可能です
>>メーカー窓口
お客様にはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが
何卒ご理解下さいますようお願いします。

久々のしびれる搬入

おはようございます、ishiiです。
昨日、今日と、寒の戻りで肌寒いですが、
その前の数日の暖かさで満を持していた桜たちは次々開花。
今週末か満開となりそうですね。


こちらは、ショールーム近くの遊歩道の桜。

昨日は、新築のKMさんのお住まいの
キッチン工事初日でした。

実はこの現場、年明けからとっても心配していたのが搬入。
2500×1000mmのキッチンカウンターを2階に運ぶには、
玄関から折り返して階段を上るのがなかなか難しそう。
その上、道路に面した開口部は小窓のみ。
外部から吊り上げて2階の窓から入れることも出来ない…

事前に監督さんと相談し、
『屋根の上に吊り上げ、屋根の上を移動し、
建物の裏にある、2階のバルコニーに降ろして搬入』
という、アクロバティックな経路を想定していました。

当日、とにかく人数は集めておこうと、
いつもの職人さんに加え、荷揚げ屋さんもスタンバイ。

「一応、やるだけやってみようよ」
という職人さんの声に、まずは玄関から搬入を試みました。

なんと、入った!
次は階段。回れる?無理だ、や、もう一回やってみよう!
で、階段回れました!
慎重に階段を上っていき、
2階の手前で再度折り返しが出来るかな?!

...ダメでした。
最後の最後に階段を回り切れず、
もと来た階段を逆戻り。

でも、玄関は入れたので、そのまま家の中を裏手まで運び、
そこから2階のバルコニーへ引き上げました。

全ての搬入が終わり、窓の外を見ると結構な雨。

「ちょうどよかったですね」と
役割を終えて雨の中帰っていった荷揚げ屋さん。

「天板入るかだけ心配だったので」と、
わざわざ朝から駆けつけてくださった監督さん。
キャビネットの搬入の為、階段の手すりも外してくださいました。

いくら事前に図面とにらめっこしても
ここまでシビアになると、やってみなくては分からない。
最後は、あきらめない心、と言ったら大げさかもしれませんが(笑)、
「こんなん出来ね~よ」と言われてしまったらおしまい。
良い仲間たちに恵まれて、本当に感謝です。

ハラハラドキドキだったので、
安心して写真を撮り忘れましたが、
その後はスムーズに施工が進み、ほぼ形になりました。
残工事は、週末。
お客様も午後からいらっしゃるようなので、
ご覧いただくのが楽しみです。

(IS)

料理男子も満足?!機能性抜群でも温かみのあるキッチン

こんにちは、ishiiです。

先日、ちょうど一年前にキッチンを納めさせていただいた
USさんのお住まいへお邪魔してきました。

戸建て住宅のリフォーム、
リフォーム設計は、いつもお世話になっている
アトリエサラさん。
リブコンテンツは、オーダーキッチン工事を
担当させていただきました。


コンロがダイニングの方を向いている
2列型のキッチン。
ステンレスカウンターですが、吊戸棚のウォールナットや
タイルの質感で、温かみのあるキッチンになっています。


壁面の長いシンクカウンターは、
オーブンを置いても作業スペースがたっぷり。


構造上、取れない柱があり、コンロ横には壁が出来ましたが、
「ちょうどよい目隠しになり、あってよかった」とUSさん。


USさんのお気に入りはこちら、
コンロ下のスライドシェルフ。
「多少湿っていても熱くても気にせず置ける」

二人の息子さんもお料理をよくされるそう。
このフライパンの多さから、油物が多いというのも
想像できますね。
それでもとってもきれいに使っていらして
「ステンレス天板にしてよかった」と
おっしゃっていただきました。


リビングのハンモック
座らせていただきましたが、想像以上に心地よいです。

ご自宅で、人を集めて何かできるといいなぁと
夢を語っていたUSさん。
実現は意外と早いかもしれませんね。

(IS)

八ヶ岳のオーダーキッチン

おはようございます。ishiiです。

台風19号が迫りくる、10/11、
八ヶ岳へキッチンを設置に伺いました。

2度目のキッチンリフォームとなるSAさん。
2度目となった経緯はこちらに →

最初のリフォームは、独立型キッチンから
アイランドキッチンを用いたOPENキッチンに。

before

after(一度目のリフォーム後)

(写真はSAさんより)

シンクとコンロの入ったアイランドとしては、
ちょっとコンパクトなサイズ。

今回のリフォームでは、
アイランドカウンターのサイズはそのままに、
シンクとコンロを別々にした
2列型キッチンにリニューアルしました。

after(今回のリフォーム後)

(以下の写真もSAさんより)


壁面のシンクカウンターには念願のミーレの食器洗浄機、
ウォールオーブンもミーレで揃えました。
オーブンの下には、お菓子を焼いた天板をそのまま置けるよう、
ワイヤーシェルフを設けています。
お打ち合わせ中には

「どこのお店でやるかではなく、
だれにお願いしたいかが大切です。

繋がったご縁を大切に前に進みたいと思います。」

とおっしゃっていただき、この2度目のリフォームを
なんとしても大満足なものにしなくては!と
意気込んでいた私。

工事終了後、こんなメールをいただきました。

夢を形にしていただきまして
心から感謝申し上げます。

石井さんと作ったキッチンは、
これから私の大切な居場所であり

生き甲斐となっていくことでしょう。
いろいろな場面での配慮あるご対応も
大変心地よいものでした。

ファンが沢山いらっしゃるはずです。笑

さて、次なる夢を見つけなければならなくなりましたね。
これからも頑張って夢を追い続けます。
石井さんに負けないように。

田原様にもくれぐれもよろしくお伝えください。
リブコンテンツに出会えたことで
私の人生が大きく変わったことも。

心からお礼申し上げます。」

喜んでいただけて良かった、と胸をなでおろし、
また、こんな暖かい言葉を送ってくださるSAさんに、
こちらも感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そして、今回の工事は、
台風上陸前日に、なんとしてでもと
1日で工事を終わらせてくれた職人さん、
遠方故、こちらではすぐに対応できない
直前の不測の事態や、設置後の問題を
現地で解決してくださった地元の工務店さん無しでは
成り立たないものでした。

20年来のお付き合い、職人さんのAさん、
そして、本当にご親切で、
出来れば東京で一緒にお仕事させていただきたい!
北杜市のアプリノさん、本当にありがとうございました。

これからもきっと夢を叶えていくSAさんに、
いつも寄り添っていけるLiB contentsでありたいと思います。
本当にありがとうございました。

(IS)

 

◎11月14日(木)12:00-14:00
 【とびきりのミルクティーを楽しむ!】
※ただいま満席のためキャンセル待ち受付中です

詳細・お申込みはこちらから>

◎11月19日(火)10:30-12:30
マンションリフォーム見学会
※ただいま満席のためキャンセル待ち受付中です
詳細・お申込みはこちらから>

◎11月26日(火)11:00-14:00/17:00-20:00
クリスマス料理レッスン
※ただいま満席のためキャンセル待ち受付中です
詳細・お申込みはこちらから>

オーダーキッチンの収納力

おはようございます。ishiiです。

オープンキッチンが増えてきて、
いわゆる『食器棚』というものを持たず、
食器の収納スペースもキッチンと一体でおつくりするケースが
今や定番となっています。

お打ち合わせ段階では、
今お使いの食器棚を処分したり、
キッチン頭上の吊戸棚が無くなることによる
収納量に対する不安を感じる方は多いよう。

ただ、皆さん、
出来上がったキッチンにお手持ちのものを納めてみて
驚かれるのは、まさにその収納力。

「オーダーキッチンの収納力すごいです!」

と、お客様からおっしゃっていただけることは、
少なくありません。

では、実際、どのくらい入るのか...
我が家の引き出しでご説明します。


こちらは、コンロの横にある3段引き出し。
幅は80cm。
2列型キッチンの対面側なので、
天板の奥行きは105cmありますが、
引出しのキャビネット自体は、
一般的なキッチンの奥行きである65cmの
カウンターに納まるサイズです。

我が家はここがメインの食器スペース。
(あまり美しくなくてすみません…)

一番上は、8cmほどの深さ。
カトラリーと平皿類。
平皿って、思いの他高さを必要としません。
だいたい4~5枚重ねています。


2段目は、ちょっと深めの17cm。
本当はもう少し浅くてもよかったのですが、
角皿に付属のアイアンラックの高さが入るように設定。
そのおかげで、家族4人分のお椀が重ねて収納できました。


一番下は、深めの31cm。
ここは2段に分けるか迷ったところですが、
我が家、水筒が多いので深めに。
27cmのディナー皿が立てて収納できます。
どんぶりは積み重ねて。

食器だけの収納を考えると、
ここは深さを抑えてもう一段引き出しを
増やした方が、収納力は高まりましたが、
水筒の出番の多い我が家では
深い引き出しをつけて正解でした。
夏場の冷茶用ポットも、使わないときはこちらに。

キッチン全体でみると、
左手、コンロの手前の広いカウンターの下が
食器用の3段引き出しです。
盛り付けするためにさっと取り出せる最適な位置です。

右手には、食器洗浄機があるので、
洗いあがった食器は一歩も動かず、
しまうことが出来ます。

こちらはMDさんのお住まいですが、
ちょうどこんな感じに。

グラス類は、飲み物を入れる時の導線を重視して
冷蔵庫の正面の引き出しにしまってあります。

3段引き出しに加え、グラス用の引き出し、
計4段の引き出しに日常使いの食器&水筒が収まっています。

一番下の段は、使用頻度の少ないものも多いので、
新しい食器を増やしたときは、
この辺りももう少し整理して...
と、企んでいます。

先日、suzukiが担当させていただたお客様、
SDさんがおっしゃっていたのは、
「オープンキッチンって、皆さん散らかるんじゃないかって
心配されるけど、片付きますよね」と。

そう、しっかり収納計画を立て、
使いやすい場所に使いやすくしまうと、片付くのです。

いかがでしたでしょうか?
引出しに食器を収納したことのない方などにも
参考になりましたでしょうか。

(IS)

 

◇イベントカレンダー

◎10月24日(木)11:00-13:00
【オーナー様限定】ランチタイム交流会
詳細・お申し込みはこちらから>

収納たっぷりでストレスフリーに

ここ数年、夏休みはリフォーム繁忙期。
キッチンが使えない、仮住まいが必要、といったリフォームは、
お子様の学校がお休みの時にやってしまいたいという
ご希望が多いからです。

今年も2件、夏休みご希望のリフォームがありましたが、
お打ち合わせ開始のタイミングから、
どちらも9月に食い込んでのお引き渡しとなりました。

AKさんのお住まいもその一つ。

Before

おなじみ吊戸棚の下がった対面キッチン。
カウンターは、フラットな奥行きのあるキッチンでしたが、
AKさんは、手元を隠すようにお使いでした。

今回のリフォームでは、
吊戸棚を取り去り開放的にする一方、
手元は隠せるよう、壁を立ち上げました。

After

立ち上げた壁は、ただの目隠しではなく、
お部屋のアクセントとなるよう大理石のモザイク貼りに

もう、リブコンテンツではおなじみ?かもしれませんが、
毎回、タイル割にめちゃくちゃ苦労します。
輸入物、しかも天然石はサイズがまちまち、
いくら事前に計算しても、実際、その通りにいったためしがありません。
でもこの質感が大好きなので、懲りずに(?)何度もチャレンジ(笑)
今回も、現場で小うるさく職人さんに注文を付け、
きれいに納めていただきました。


ダイニングスペースにも
キッチンと統一した収納をたっぷりと。
梁下まで目一杯のトール収納や、
冷蔵庫横の小壁に合わせて斜めに製作した収納など、
オーダーならではです。

キッチンの他、寝室や廊下の収納のリフォームも
させていただいた今回。
寝室のリフォームの際には、荷物をキッチンへ移し、
それが終わると、キッチンの荷物を寝室に移し、と、
お住まいになりながらのリフォームで、
さぞご負担が大きかったかと思います。

出来上がったキッチンで、ストレスフリーな
生活を楽しんでいただけたらと思います。

AKさん、ありがとうございました♪

(IS)

 

 

◇イベントカレンダー

◎10月24日(木)11:00-13:00
【オーナー様限定】ランチタイム交流会
詳細・お申し込みはこちらから>

再び八ヶ岳へ

おはようございます、ishiiです。
先週は八ヶ岳へ行ってまいりました。


バカンスではなく、お仕事です。
ARUMA GARDEN DOGS

4年前、リブコンテンツショールームの移転に伴い、
旧恵比寿ショールームにあった展示品のキッチンの
お嫁入先となったこちら。

貸しロッジを営むSAさんのご自宅部分のLDKリフォームを
させていただきました。

ご縁あって大切に使っていただいていたのですが、
やはりそこは、展示現品のキッチン。
SAさんに合わせたオーダーメードでは無く、
もう少しこうしたい、ああしたいというご要望がむくむくと…

宿泊のお客様に提供するお食事は、
別に厨房スペースがあるのですが、
ご自宅部分のキッチンも、これからもっと本格的に
お仕事でも使っていきたい → 保健所の許可が下りる仕様にしなくては、
ということもあり、ふたたびキッチンもリフォームすることに。

ただし、すべて作り直すわけではなく、
使えるものは再利用しつつ、使い勝手を最大限に良くすべく、
プランを練りました。

いつも夢に向かって着実に進んでいくSAさんに、
私もパワーをいただきながら、
2度目のキッチン、今度こそご満足いただけるように。

(IS)

 

◇イベントカレンダー

【オーナー様限定】ランチタイム交流会

[日 時] 2019年10月24日(木)11時~13時
*日程変更させていただきました

[場 所] リブコンテンツ 八雲ショールーム

詳細・お申し込みはこちらから>>

対面キッチンの吊戸棚

おはようございます。ishiiです。

先週から始まったAKさんのマンションリフォーム。
1期工事は、寝室クローゼットの扉交換と廊下に収納を新設する工事、
そして、昨日から、2期工事となるキッチンリフォームが始まりました。

お住まいになりながらの工事なので、
1期工事と2期工事の間の土日2日間で
LDKの荷物をすべて他の部屋へ移動してくださったAKさん。
それはそれは大変だったと思います。

さて、キッチンリフォームの方は、
おなじみ、対面キッチンの吊戸棚撤去を行います。

「最近、ほんと、吊戸棚取る仕事多いんだよね~」
とは、解体屋さん。
対面キッチン吊戸棚不要論(笑)が広がっているようです。

先日、ショールームへリフォームのご相談へいらした方は、
「私は吊戸棚をなくしたいのですが、息子と主人は反対で...」と。
キッチンに立たれる訳ではないそうなのですが、
リビングダイニングから見た下がり壁回りのデザイン?
廻り縁が回っている様子が気に入っているそう。

「吊戸棚を無くして素敵になった事例をたくさん拝見したのですが、
吊戸棚を取らないリフォームでも大丈夫ですか?」と、
ご心配されていました。

もちろん、
「大丈夫ですよ。吊戸棚があっても素敵にしますから。」
と、お返事しました。

まぁ、逆を言えば、
今、息子さんたちが素敵だと思っている吊戸棚、
取ってしまっても素敵にするから大丈夫ですよ、
とも言えるのですけど。

さて、AKさんのリフォームの方は、
今週末、キッチンと家具が大量に搬入されます。
LDKに入りきるか、かなりドキドキですが、
職人さんたちに頑張ってもらうしかありません!

引き続き、大忙しいな週となりそうです。

(IS)

 

Search

Calendar

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031