■実例クローズアップ

実例特集-2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本」最終日!

みなさま こんにちは。

8月12日(月)~17日(土)は夏休み特別号

実例特集~2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本 」と題して

レイアウト別にキッチンをご紹介しています。

 

いよいよ最終日の今日は

オーダーキッチンならではの変型レイアウト

基本のキからは外れた、

というか基本のレイアウトにあてはめられないキッチンたちをご紹介します。

 


こちらの大きなL型キッチン、

ん?L型?


コンロとシンクが90度をL型と呼んでいますが、

こちらは微妙に角度がついていて

強いていうならI型とL型の中間のキッチン?でしょうか(^^;)

そして全て壁についている基本型ですね。


キッチンの端の方にこんな家事コーナーを。

奥さまの趣味のコーナーとしてもお使いいただけます。

 


初日にご紹介したこちらのキッチンは

I型キッチンをL字のカウンターにレイアウトしています。


そしてシンクをもう一つ設けて

Ⅱ列型のようなペニンシュラのような・・・

まさに変型レイアウトです。

 


こちらのキッチンはさらに変型していますよ。

ダイニングに対面したIHヒーターのカウンター。


そしてその奥、窓に向かってシンクカウンターが。

動線としてはL型キッチンですが、

カウンターが分かれているのでⅡ列型?

はたまたハの字型??


Ⅱ列型と同じく

2~3人でキッチンに立っても余裕なのがうれしいですね

ご家族の多いお宅やホームパーティにおすすめのレイアウトです。

 


同じような変型レイアウト

こちらはシンクが対面してコンロが壁側です。


コンロの下は潔くオープンに。


コンロ下のキャビネットと吊戸棚だけが木、

白とステンレスとのバランスが絶妙です。

 


こちらのキッチンは奥まった部分はⅡ列型ですが、

手前に大きくせり出したペニンシュラカウンターが逆L字という

これぞオーダーメイド、というレイアウトのキッチンです。


逆L字、イメージ湧きますでしょうか?


壁で囲まれているわけではないのに

ダイニングからの印象は

ほとんどクローズドキッチン、

 

ホームパーティのときは

このカウンターで食事をされることも多いそうですが

キッチンがつながっているのに隠れてるって

おもてなしには理想的なレイアウトですね。

 

さて、夏休み特別号も今日が最終日

6日間に渡りご紹介してきたキッチンレイアウトの基本、

いかがでしたか?

 

いつもとちょっと違ったお勉強っぽいページでしたが

お楽しみいただけたでしょうか。

 

長かったお休みもいよいよ明日まで。

あさってからまた始動します!

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

◆LiB contents  Show room は
下記の期間、お休みをいただきます。

夏季休業:2019/8/11(日)~2019/8/18(日)

お休み中のお問い合わせ、資料請求等は
8/19(月)より順次ご対応させていただきますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

実例特集-2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本」Part5

みなさま こんにちは。

8月12日(月)~17日(土)は夏休み特別号

実例特集~2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本 」と題して

レイアウト別にキッチンをご紹介しています。

 

5日目はU型キッチン

コーナーが2箇所、ボリュームのあるレイアウトです。

 


1件目はこちら、白い框扉の可愛らしい雰囲気を

グレーのタイルとカウンターで引き締めた

大人かわいいキッチンです。


3日目のL型キッチンの回でもお伝えしましたが

やはりコーナーの使い方が大切

こちらのお宅では半月型の回転収納を設けました。


反対側のコーナーは引き出し同士だから

デッドスペース?


いえ、実はこの写真の左下、

ダイニング側から使う引き出しになっています。


ダイニングからの死角、コーナー部のカウンターの上に

トースターやお茶セットの置き場、そしてフキンかけまで。

遊びにいらしたお友達に「これ、いいね!」

と羨ましがられるコーナーなんだそう。

 


同じく框扉のこちらのお宅は

モスグリーンの木の扉と

アンティークのレンガタイルを組み合わせて

洋書から出てきたようなキッチンです。


内側の寸法は最小限にしているので、

キッチンに立つとカウンターに囲まれたようになる

コックピットのようなプラン、

大きなキッチンですが実は動線が短いという利点も。

 

広いキッチンはI型だとカニ歩きが多くなってしまいがち。

そんなときはL型やU型がおすすめなのです。

 


同じU型でもコンパクトなキッチンもありますよ。

コーナー部分はオープンにして

カゴなどの置き場にされています。


対面側の吊戸棚はなくして

代わりにペールグリーンのオープン棚を。


スパイスなどの他、雑貨やグリーンを飾ってかわいく演出、

シンプルな真っ白いキッチンのアクセントになっています。

 


こちらのキッチンは、L型のようなU型のような・・・


U型カウンターの一部を高くして

バーカウンターのようにお使いです。

真っ白いキッチンですが

ウォールナットの濃い色がくることで

シックな印象に仕上がりました。

 

さて、いよいよ明日は夏休み特別号の最終日

オーダーキッチンならではの変型レイアウトをご紹介します。

 

◆LiB contents  Show room は
下記の期間、お休みをいただきます。

夏季休業:2019/8/11(日)~2019/8/18(日)

お休み中のお問い合わせ、資料請求等は
8/19(月)より順次ご対応させていただきますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

実例特集-2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本」Part4

みなさま こんにちは。

8月12日(月)~17日(土)は夏休み特別号

実例特集~2019 / Summer『キッチンレイアウトの基本 』と題して

レイアウト別にキッチンをご紹介しています。

 

4日目の今日は「Ⅱ型(Ⅱ列型) 」

シンクとコンロがⅡ列のカウンターに分かれたレイアウトのキッチンを

ご紹介します。


こちらはⅡ列型のアイランドキッチン

真っ白いキッチンに

コンロ側の黒いカウンターが印象的ですね。

 

Ⅱ列型の特長として

シンクとコンロのカウンターの高さや素材を

変えやすいというのが挙げられます。

 

「火と水」「壁側と対面側」

それぞれ使い勝手やデザインに合わせて

分けることができますよ。

 


黒いカウンターはダイニングから見たときに

椅子やガラス扉とのバランスが

とてもいい感じにまとまっています。


それぞれのカウンターが広く取れるので

2人や3人でキッチンに立ちやすいのもⅡ列型の特長です。

ご主人やお子さんが積極的に

キッチンに立つようになってくれるかも(^^)

 


こちらのお宅もⅡ列型のアイランドキッチン


壁側にコンロがある場合は

レンジフード選びもデザインのポイントになりそうですね。

 


こちらはⅡ列型のペニンシュラキッチン・・・?

左端のモザイクタイルの壁は実はちょっとした目隠しだけなので

厳密にいうとアイランドキッチンですが

印象としてはペニンシュラですね。


明るい窓に面したキッチン、

ダイニングのほうを向いた対面キッチン、

その2つが叶うのもⅡ列型キッチンならでは。


Ⅱ列型の難点は

どうしても床が汚れやすいということ。

汚れの落ちやすいタイルを貼るのがおすすめです。

 


さて、Ⅱ列型キッチンで最近増えてきたのが

コンロを対面側に持ってきたプラン

 

以前は、臭いや油ハネのこともあり

コンロは壁側に、というプランがほとんどだったのですが

キッチンの使い方をいろいろお話ししていくうちに

自然とコンロが対面側になるお宅も増えてきました。

 

>> どっちが対面?

 


こちらのお宅も床はタイル、

シンプルな白いキッチンの中で

グレイッシュなタイルの表情がアクセントになっています。

 


こちらのお宅もコンロが対面側

やはり最近の事例です。

 


おやつの時間にキッチンに入ってくる小学生の息子さん、

親子でお料理する日も近そうです。

 

さて、5日目の明日は

U型キッチンについてご紹介いたします。

 

◆LiB contents  Show room は
下記の期間、お休みをいただきます。

夏季休業:2019/8/11(日)~2019/8/18(日)

お休み中のお問い合わせ、資料請求等は
8/19(月)より順次ご対応させていただきますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

実例特集-2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本」Part3

みなさま こんにちは。

8月12日(月)~17日(土)は夏休み特別号、

実例特集~2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本」と題して

レイアウト別にキッチンをご紹介しています。

 

3日目は「L型キッチン」

最近、既製のシステムキッチンでは少なくなってきましたが

リブコンテンツでは根強い人気のあるレイアウトです。

 


こちらの大きなL型キッチンは壁に面した基本型、

マンションのI型キッチンをリフォームしたもの。

真っ白いキッチンに

アイランドカウンター(notアイランドキッチン)のグレーがアクセントとなって

シンプルながらもナチュラルな雰囲気です。


カウンターの高さをシンク側とコンロ側で変えやすいのも

L型キッチンのいいところです。


L型キッチンはカウンターのコーナーが広く

キッチン雑貨やケトルなどの置き場になるのも便利です。

キッチンの雰囲気に合わせた雑貨を選ぶのも楽しいですね。


L型キッチンの最大の懸案?

デッドスペースになりがちなコーナー部分は

こうして奥から出てくるスライドラックを利用したり

オープンにしてワゴンやゴミ箱を置いたりと

工夫次第で有効に活用できるのでご心配なく(^^)

 


こちらのキッチンもL型の基本型

框扉の雰囲気にアンティークレンガのタイルがピッタリです。

 

L型やU型のキッチンは壁の面積が増えるので

壁の素材はデザインの要になりそうです。


コーナーはディスプレイスペースとして演出、

キッチンツールの色を揃えるのもいいですね。


そして1件目のお宅もそうですが

基本型だとどうしてもキッチンの足元が

リビングやダイニングから見えてしまうので

アイランドカウンターを設けて隠すのがおすすめです。

 


こちらはL型のペニンシュラ、

シンクは対面、

コンロ側だけが壁にくっついている形です。


壁のないオープンキッチンですが、

足元が隠れる分、基本型よりも閉じられた印象になります。

 

さらに、一部に背の高いキャビネットを設けて

少しだけ目隠しをつくると

コンロ側のカウンターが丸見えにならず安心です。


その目隠し用キャビネットの周りも

ディスプレイスペースになりますね。

 


こちらもL型のペニンシュラ、

先程のお宅と同じような形のキッチンですが

扉の表情が違うとガラッと雰囲気が変わります。


シンクをなるべく壁に寄せて

カウンターを広くとったこちらのお宅は

「ご飯はほとんどここで食べてます(^^)」

とおっしゃっていました。


コンロの背中側には

家電置き場やゴミ箱スペースを設けています。

オープンキッチンには裏方部分が必要、

L型の場合はペニンシュラだと

隠れた部分がつくりやすいかもしれません。

 

さて、実例紹介ブログもちょうど半分を過ぎました。

4日目の明日はⅡ列型キッチンをご紹介していきます。

 

◆LiB contents  Show room は
下記の期間、お休みをいただきます。

夏季休業:2019/8/11(日)~2019/8/18(日)

お休み中のお問い合わせ、資料請求等は
8/19(月)より順次ご対応させていただきますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

実例特集-2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本」Part2

みなさま こんにちは。

8月12日(月)~17日(土)は夏休み特別号

実例特集~2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本」』と題して

レイアウト別にキッチンをご紹介しています。

 

2日目は「I型キッチン」をご紹介、

「壁との関係」についても

お伝えしていきますよ(^^)


白い框扉が印象的なこちらは

典型的なI型キッチン、

そして壁に面しているので基本型です。

 

こうしてキッチンに立ったときに

お庭を眺めながらお料理ができるのは

基本型キッチンの魅力のひとつですね。

 


昨日もチラッとご紹介したこちらはI型のアイランド


後ろにカウンターがあるとついつい

「Ⅱ列型」と呼んでしまいそうですが

そうです、シンクとコンロが一直線なので「I型」なのです。


I型キッチンの特長のひとつは

引き出し収納がたっぷり取れるところ。

特に背中側にカウンターをつくると

食器やストックの食材もギッシリ入りますよ。

 


こちらはI型のペニンシュラキッチン

先程のお宅と同じように

背中側に大きなカウンター収納をつくりました。


日常使いの食器がほぼすべて収納できて・・・


食洗機からの後片付けが本当に便利、

おすすめのレイアウトです。


アイランドキッチンにはないペニンシュラの良さは

こうして壁にタイルを貼ったり・・・

 


フライパンやキッチンツールを掛けて

壁に表情が出たり。

インテリアを楽しむキッチンでもありますね(^^)

 


そして本日最後はこちらのキッチン

上のお宅と同じくI型のペニンシュラキッチンですが

コンロの前に壁を作って

少しだけ閉じられた雰囲気になっています。

 


壁がもう少し大きいと

基本型と呼べるのかもしれませんが

その辺りはオープン具合でなんとなく

ペニンシュラかなと思います。

 

さて、3日目の明日は

L型キッチンについてご紹介いたします。

 

◆LiB contents  Show room は
下記の期間、お休みをいただきます。

夏季休業:2019/8/11(日)~2019/8/18(日)

お休み中のお問い合わせ、資料請求等は
8/19(月)より順次ご対応させていただきますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

実例特集-2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本」Part1

みなさま こんにちは。

立秋を過ぎたとはいえまだまだ暑い日が続きますね。

どうぞ体調管理にお気をつけてお過ごしください。

 

さて、リブコンテンツショールームは昨日より8日間の

夏季休暇に入らせていただきました。

 

夏季休暇:2019/8/11(日)~2019/8/18(日)

 

お休み恒例の実例クローズアップblog

今回は少しお勉強っぽく「キッチンレイアウトの基本」と題して

実例をご紹介していきたいと思います。

 

初日の今日は

そもそも「レイアウト」という言葉のご説明を・・・

 

キッチンの形を表す言葉には

アイランド、ペニンシュラ、などがありますが

実はそれらはキッチン本体と壁との関係を表す言葉、

レイアウトの名前ではありません。

キッチン自体のレイアウトを表す言葉は次の4つなのです。

 

I型:シンクとコンロが一直線に並んだレイアウト
L型:シンクとコンロが90度の関係、L字型のレイアウト
Ⅱ型またはⅡ列型:シンクとコンロが分かれて2つのカウンターがあるレイアウト
U型:シンクとコンロが90度、カウンターがコの字型になったレイアウト

 

そして壁との関係を表す言葉が次の3つ

 

アイランド:キッチンがどの壁にもついていない
ペニンシュラ:カウンターの一辺だけが壁についている
基本型:カウンター全体が壁についている

 

この「レイアウト」と「壁との関係」の2つを組み合わせて

「I型のアイランド」「I型のペニンシュラ」「Ⅱ列型のアイランド」

というふうに、言い表していきます。

 

ちなみに冒頭の写真は、「I型のアイランド」です。


こちらもI型アイランドキッチン

ダイニングテーブルと一体化しています。

 


こちらは同じくアイランドですがⅡ列型のキッチンです。

 


こちらのようなキッチンも

アイランドキッチンと呼ばれたりしていますが

片方が壁にくっついているので

実は正式には、「I型のペニンシュラキッチン」です。

 


アイランドキッチンは完全に壁から浮いていて

まさに「島」のようなキッチン、

こうして大勢で四方から囲めるのが最大の魅力です。

 

こちらの様子は下記のmovieでもご紹介していますので

ぜひ御覧ください。

movie>>

「料理教室のできるキッチン-3」

 


こちらはコンロとシンクが分かれているⅡ列型、

そして片側が壁についているので

「Ⅱ列型ペニンシュラ」です。

 


こちらのキッチンは少し複雑。

壁にくっついたカウンターの形はL型ですが、

シンクとコンロが一直線にレイアウトされているので

実はI型キッチン、そして壁との関係は基本型のキッチンです。

 

ん?でもシンクがもう一つ・・・Ⅱ列型では?

しかもシンクカウンターは片方が壁についている

それってペニンシュラキッチン?

 

はい、こんなふうに教科書的なレイアウトに当てはまらないキッチンこそ

オーダーメイドの腕の見せどころ。

「変形キッチン」と呼んだりしています。

 

変型レイアウトについては

最終日に例を挙げてご紹介しますね。

 

さて、いつものお休み中ブログより

少し堅い話になってしまいましたがいかがでしたか?

I Ⅱ L U 変型

明日からはこの5つのレイアウトに合わせて

実例をいろいろご紹介していきたいと思います。

 

◆LiB contents  Show room は
下記の期間、お休みをいただきます。

夏季休業:2019/8/11(日)~2019/8/18(日)

お休み中のお問い合わせ、資料請求等は
8/19(月)より順次ご対応させていただきますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

お手入れ得意ですか?

みなさまこんにちは。

来月、再来月は工事のスケジュールがあるので

今現在はプランしつつ仕様を決めつつ

サンプル集めなど、、、頑張っています!

お部屋の印象を決める床材。

面積が広いだけに慎重になりますね。

木目を感じられるオークやアッシュ

逆に木目があっさりなバーチやメープル。

今日はフローリングのショールームに

SAさんと行ってきました。

さて、

木目もそうですが、、、お手入れの自信の程は?

表面に4ミリ程の無垢が貼ってある

積層フローリングは

まさに無垢の質感があります。

ならばオイル仕上げですと、手触りも生の木みたいですし

木にとっても理想的ではあるのですが。

もれなくついてくるのは

「お手入れ」です。

乾燥に弱く、湿気も良くない理由で

定期的なオイルを塗るお手入れが必要。

ただ、苦手な方もいますしね。

お手入れが楽なことも

優先高めならばウレタン塗装タイプも

選択肢にありますよ、

SAさんのフローリング探し

ぴったりなのものが見つかりますように!!

(SU)

 

GW特別号8日目『暮らしのシーン~お気に入りコーナー』

みなさま、こんにちは。

長かったお休みもいよいよ最終日
GW特別号8日目は
素敵に暮らすお客さまたちの
「お気に入りコーナー」をご紹介していきます。

KW-HOUSE

マンションのLDKをリフォームした際に
残ってしまった「元和室」の鴨居

KWさんのお宅では
そこにオープン棚をつくって
写真や旅の思い出の小物などの
ディスプレイコーナーに変身させました。

 

TK-HOUSE

こちらは同じくマンションリフォーム、
TKさんのお宅のリビングの一角

窓辺に小さなテーブルを置いて
照明とグリーンがあれば
こんな素敵なコーナーになります。

 

ON-HOUSE

ONさんのお宅、
こちらも「グリーンと照明」のコラボですね。
黒板と照明の脚の黒がいい感じ

 

IC-HOUSE

軽井沢のICさんのお宅、
「グリーンと照明」のコラボ、天然グリーン編(笑)

ソファに寝そべりながら読書、お昼寝?
なんともうらやましいコーナーです。

 

SG-HOUSE

こちらはキッチンに設けた
「お気に入りコーナー」
お菓子作りに集中できそう♪

 

MY-HOUSE

大きなスペースを取らなくても
お気に入りコーナーはつくれます。

キッチンの一角、
壁の厚みを利用したニッチに
お気に入りの小物たちを並べて・・・

 

YS-HOUSE

こちらもキッチンの一角
実はもともとは家電置き場だったのですが

炊飯器→鍋炊きご飯
コーヒーメーカー→ドリップ
トースター→魚焼きグリル
電子レンジ→ビルトイン

と暮らしが変化して
家電を「卒業」したYSさん、

家電置き場が素敵なキッチンギャラリーに
進化しました。

 

NG-HOUSE

バルコニーでお茶を飲む至福のとき
お気に入りコーナーは
外にも飛び出していきます。

 

さて、ゴールデンウィーク特別号は今日で最後、
長々おつきあいいただきありがとうございました。
8日間お楽しみいただけましたでしょうか。

リブコンテンツも明日からいよいよ始動、
休みボケにならないように
そろそろエンジンをかけなくては(遅い?)

令和元年、
みなさま新しい時代も引き続き
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

GW特別号7日目『暮らしのシーン~窓周り』

みなさま、こんにちは。
長かった10連休もいよいよあと2日ですね。

ゴールデンウィーク特別号も
残すところあと2回となりました。
どうぞ最後までお楽しみ下さい。

さて今日の「暮らしのシーン」は
カーテンやブラインドなどの「窓周り」を
ご紹介します。

FJ-HOUSE

ナチュラルな雰囲気のダイニングに
少し濃いめのグレーのカーテン

こちらは実はレースなので
閉めると光が透けて
色はほんのり感じるだけ、
スタッフSuzukiのお気に入りのカーテンです。

 

SO-HOUSE

リビングの掃き出し窓にレースだけ・・・
風にゆれる様子が素敵、
素足に合うナチュラルなカーテンです。

 

IS-HOUSE

カーテンの楽しみのひとつに
レール選びがあります。

アイアンのレールは根強い人気、
お部屋のアクセントになりますね。

そして「楽しみ」といえば・・・

IS-HOUSE

タッセル♪
シンプルに共布でもいいのですが、
こだわりのデザインのものを見つけるのも
楽しいですよ。

 

SG-HOUSE

タッセルやレールがシンプルな場合は、
柄のカーテンを選ぶのもいいですね。

刺繍や織りの入ったレースは
窓辺を素敵に演出してくれます。

 

SM-HOUSE

カーテンの溜まりが気になる大きな窓は、
シェードやブラインドがおススメです。

 

IK-HOUSE

同じく大きな窓のIKさんのお宅は、
ブラインドのように見えますが
実はロールスクリーン

ブラインドのように羽根の動きで
光の量を調節できるのがとても便利

 

MY-HOUSE

もちろん、普通の窓にも(^^)

 

IS-HOUSE

「カーテン」と呼ぶには
あまりにもかわいらしいこちら、

キッチンの小窓に
お気に入りの布をかけてみると
毎日のお料理が楽しくなりそうですね。

 

いかがでしたか?

先日の「春のインテリアフェア」を機に
窓周りのご相談も増えてきたリブコンテンツ

光、素材、形もいろいろ、
まだまだ奥が深い世界、
いろいろご提案していければと思います。

さて、明日はいよいよ最終日、
「お気に入りコーナー」をご紹介します。

 

◆LiB contents  Show roomは
下記の期間、お休みをいただきます。

GW休業:2019/4/29(月)~2019/5/6(月)

お休み中のお問い合わせ、資料請求等は
5/7(火)より順次ご対応させていただきますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

GW特別号6日目『暮らしのシーン~ワークスペース』

みなさま、こんにちは。

ゴールデンウィーク特別号、6日目の今日は
家事やPC作業などに大活躍、
ワークスペースをご紹介します。

SW-HOUSE

こちらはキッチンから続くカウンターに
そのまま家事コーナーをつくりました。

奥さまの趣味のためのスペースは
ガラス扉の飾り棚に作品を飾ったりして
楽しんでいただけるように

 

SR-HOUSE

リビングの一角にある
SRさんのお宅のワークスペースは
ご主人がお使いになるコーナーです。

壁に石のタイルを貼り
お部屋全体のアクセントにもなっています。

 

NG-HOUSE

NGさんのお宅もリビングの一角ですが
こちらは掃き出しの窓に面しています。

バルコニーの木々の様子を眺めながら
書き物をしたり手芸をしたり・・・
至福のときですね(^^)

 

MY-HOUSE

MYさんのワークスペースは
寝室の一角

家でお仕事をされることも多いMYさん、
窓に面した特等席です。

TK-HOUSE

TKさんのお宅のワークスペースも
寝室の窓辺ですがこちらは壁側に

窓に向かって開放的に、
また壁に向かって集中できるように、
どちらも正解ですね(^^)

 

いかがでしたか?
お仕事やPC作業などだけでなく、
趣味のコーナーとしても嬉しいワークスペース

最近は、リビングで勉強する
お子さんも増えているとか。

リビングにこんなコーナーを設けると
家族のコミュニケーションも増えそうですね。

 

さて、明日の「暮らしのシーン」は
カーテンやブラインドなど
「窓周り」のご紹介です。

 

◆LiB contents  Show roomは
下記の期間、お休みをいただきます。

GW休業:2019/4/29(月)~2019/5/6(月)

お休み中のお問い合わせ、資料請求等は
5/7(火)より順次ご対応させていただきますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

Search

Calendar

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031