久々のしびれる搬入

おはようございます、ishiiです。
昨日、今日と、寒の戻りで肌寒いですが、
その前の数日の暖かさで満を持していた桜たちは次々開花。
今週末か満開となりそうですね。


こちらは、ショールーム近くの遊歩道の桜。

昨日は、新築のKMさんのお住まいの
キッチン工事初日でした。

実はこの現場、年明けからとっても心配していたのが搬入。
2500×1000mmのキッチンカウンターを2階に運ぶには、
玄関から折り返して階段を上るのがなかなか難しそう。
その上、道路に面した開口部は小窓のみ。
外部から吊り上げて2階の窓から入れることも出来ない…

事前に監督さんと相談し、
『屋根の上に吊り上げ、屋根の上を移動し、
建物の裏にある、2階のバルコニーに降ろして搬入』
という、アクロバティックな経路を想定していました。

当日、とにかく人数は集めておこうと、
いつもの職人さんに加え、荷揚げ屋さんもスタンバイ。

「一応、やるだけやってみようよ」
という職人さんの声に、まずは玄関から搬入を試みました。

なんと、入った!
次は階段。回れる?無理だ、や、もう一回やってみよう!
で、階段回れました!
慎重に階段を上っていき、
2階の手前で再度折り返しが出来るかな?!

...ダメでした。
最後の最後に階段を回り切れず、
もと来た階段を逆戻り。

でも、玄関は入れたので、そのまま家の中を裏手まで運び、
そこから2階のバルコニーへ引き上げました。

全ての搬入が終わり、窓の外を見ると結構な雨。

「ちょうどよかったですね」と
役割を終えて雨の中帰っていった荷揚げ屋さん。

「天板入るかだけ心配だったので」と、
わざわざ朝から駆けつけてくださった監督さん。
キャビネットの搬入の為、階段の手すりも外してくださいました。

いくら事前に図面とにらめっこしても
ここまでシビアになると、やってみなくては分からない。
最後は、あきらめない心、と言ったら大げさかもしれませんが(笑)、
「こんなん出来ね~よ」と言われてしまったらおしまい。
良い仲間たちに恵まれて、本当に感謝です。

ハラハラドキドキだったので、
安心して写真を撮り忘れましたが、
その後はスムーズに施工が進み、ほぼ形になりました。
残工事は、週末。
お客様も午後からいらっしゃるようなので、
ご覧いただくのが楽しみです。

(IS)

Previous post料理男子も満足?!機能性抜群でも温かみのあるキッチン

Post a Comment

Search

Calendar

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930