実例特集-2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本」Part3

みなさま こんにちは。

8月12日(月)~17日(土)は夏休み特別号、

実例特集~2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本」と題して

レイアウト別にキッチンをご紹介しています。

 

3日目は「L型キッチン」

最近、既製のシステムキッチンでは少なくなってきましたが

リブコンテンツでは根強い人気のあるレイアウトです。

 


こちらの大きなL型キッチンは壁に面した基本型、

マンションのI型キッチンをリフォームしたもの。

真っ白いキッチンに

アイランドカウンター(notアイランドキッチン)のグレーがアクセントとなって

シンプルながらもナチュラルな雰囲気です。


カウンターの高さをシンク側とコンロ側で変えやすいのも

L型キッチンのいいところです。


L型キッチンはカウンターのコーナーが広く

キッチン雑貨やケトルなどの置き場になるのも便利です。

キッチンの雰囲気に合わせた雑貨を選ぶのも楽しいですね。


L型キッチンの最大の懸案?

デッドスペースになりがちなコーナー部分は

こうして奥から出てくるスライドラックを利用したり

オープンにしてワゴンやゴミ箱を置いたりと

工夫次第で有効に活用できるのでご心配なく(^^)

 


こちらのキッチンもL型の基本型

框扉の雰囲気にアンティークレンガのタイルがピッタリです。

 

L型やU型のキッチンは壁の面積が増えるので

壁の素材はデザインの要になりそうです。


コーナーはディスプレイスペースとして演出、

キッチンツールの色を揃えるのもいいですね。


そして1件目のお宅もそうですが

基本型だとどうしてもキッチンの足元が

リビングやダイニングから見えてしまうので

アイランドカウンターを設けて隠すのがおすすめです。

 


こちらはL型のペニンシュラ、

シンクは対面、

コンロ側だけが壁にくっついている形です。


壁のないオープンキッチンですが、

足元が隠れる分、基本型よりも閉じられた印象になります。

 

さらに、一部に背の高いキャビネットを設けて

少しだけ目隠しをつくると

コンロ側のカウンターが丸見えにならず安心です。


その目隠し用キャビネットの周りも

ディスプレイスペースになりますね。

 


こちらもL型のペニンシュラ、

先程のお宅と同じような形のキッチンですが

扉の表情が違うとガラッと雰囲気が変わります。


シンクをなるべく壁に寄せて

カウンターを広くとったこちらのお宅は

「ご飯はほとんどここで食べてます(^^)」

とおっしゃっていました。


コンロの背中側には

家電置き場やゴミ箱スペースを設けています。

オープンキッチンには裏方部分が必要、

L型の場合はペニンシュラだと

隠れた部分がつくりやすいかもしれません。

 

さて、実例紹介ブログもちょうど半分を過ぎました。

4日目の明日はⅡ列型キッチンをご紹介していきます。

 

◆LiB contents  Show room は
下記の期間、お休みをいただきます。

夏季休業:2019/8/11(日)~2019/8/18(日)

お休み中のお問い合わせ、資料請求等は
8/19(月)より順次ご対応させていただきますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

Previous post実例特集-2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本」Part2 Next post実例特集-2019 / Summer「キッチンレイアウトの基本」Part4

Post a Comment

Search

Calendar

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031