AN邸

これだけあれば大丈夫???

みなさま こんにちは。

先日キッチンの全体像をお伝えしたこちらのAN-HOUSE()。

r0015163

今回はそのディテイルをご紹介したいと思います

まずは大きめの冷蔵庫の奥行を生かして作った引戸収納。

r0015142
ドアとの間の“すきま”収納としては
なかなかの収納力です。

r0015178
隠しながら貼れる場所として
この扉面をマグネット対応のステンレスにしました。
扉枠とお揃いのマグネットを
わたくしのDIYで切り貼りしておまけに

r0015179

シンクは大型のダブルシンクです。

r0015147

サブシンクにぴったりサイズの大きめのカゴは
オーダーメイドでつくりました。

r0015148

そして最後まで迷われたノビ~るハンドシャワー水栓()[E:down]

r0015170

専用なだけあってとても使いやすそうです。

ディスポーザー配管などの為に浅くなった引出し内部も
収納しやすいようにシステムパーツを組み込んでいます。

r0015145

スペースを最大限生かせるよう
ビルトイン米びつの上には
なんとかボトル収納を確保できました。

r0015143

後ろのカウンター収納は幅木収納も入れると
引出し5段のたっぷり収納。

r0015152

アイランドの中には隠す収納として
まずはキッチン側にゴミ箱用のワゴン。

r0015150

そしてその裏側を使って炊飯器収納を。

r0015151

今頃お引越しの片付けも少し落ち着き
無事うまく収納できているといいのですが
今月中に改めて伺う予定なので
ドキドキ&楽しみです

(ohe)

*              *              *

ただいまこちらのイベントお申し込み受付中です

第4回 香りと暮らす~Living with Aroma X’masスペシャル~>>

整理収納アドバイザーによるお片づけセミナー>>

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ ← クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ ← こちらもクリックお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

               ◎発売中!!
インテリアブックHOME KITCHENS
特設サイトはこちら
           ショートムービーチャンネルはこちら

長~い道のりの先に

みなさま こんにちは。

先月工事をしていましたA-HOUSE(
週末にお引渡しをしてまいりました。

r0015186

奥様、設計の方とお打ち合わせを重ねて
イメージしたのは、この洋書の中のように
黒いマットなフロアタイルに
明るめの質感のある木目を合わせて上品&シックに。

まずはこちらのお写真

r0015177

お部屋入ってすぐのリビングから見たところ。
こちらの間仕切りは窓をつけたブリック壁で
セミクローズになっています。
(今回こちらは内装会社さんの工事です)

そして中のキッチンはこちら

r0015163

r0015176

なかなかのボリュームで
“引き”で全部が入りません。。。

今回アイランドカウンターをぜひともという
奥様のご要望があってのこのレイアウト。

3人のお子様のいるAさまは
今までのキッチンでできなかった
お料理をしながら勉強を見たり
軽食用に使えたらというリクエスト。

実は以前に納めたCさまのご友人で
このキッチン()をご覧頂いて
そんな使い方を我が家にもぜひにということになったのでした。

110503

今回の黒フレームづかいは
ご主人がお気に入りのカフェでご覧になったものを
こちらのキッチン事例()を参考につくりましたよ。

036

カウンタートップはホワイトにしましたが
その分フレームがアクセントで効いていますね

後ろの窓の下には収納力たっぷりのカウンター台。

r0015168

今回の課題の一つ、
すっきりと見せれるように収納を充実させるコト
であったのですが

ご家族5人とお仕事柄もあり食材が多い為
スペースを少しでも確保するべく
冷蔵庫まわりにも壁のように見せながら
実は収納がつまっていまして。。。

写真やお気に入りのお店、事例など
いろんな要素を取り入れながらも
Aさまならではのこだわりも詰まったオリジナルキッチン。

次回はそんなこだわりポイントをお伝えしたいと思います。

(ohe)

*              *              *

ただいまこちらのイベントお申し込み受付中です[E:notes]

第4回 香りと暮らす~Living with Aroma X’masスペシャル~>>

整理収納アドバイザーによるお片づけセミナー>>

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ ← クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ ← こちらもクリックお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

               ◎発売中!!
インテリアブックHOME KITCHENS
特設サイトはこちら
           ショートムービーチャンネルはこちら

長~い道のり

みなさま こんにちは。

私の方は昨日からキッチン工事が始まっております。

キッチン工事のコトはじめとしては
工場で作ったもの、メーカーから取り寄せたものを
運び入れる作業からなのですが

これがイロイロな諸事情とあいまって
思いのほか楽でスイスイと終わってしまうところと
そうでないところ。
その違いが大きいのでして。。。
高さがあり大変なところは結構スタッフみんな
それなりに経験している???ようですが

今回は職人さん、配送業者さんとも曰く
“今まで最長に長~い道のり”らしいです。

昨日の私は万歩計を付けていたら
何歩だったんだろう。
といってももちろん重いものが持てるわけではなく
小物やドアを押さえたり
動線の確認などなどですが
このブログを書いている今
足が筋肉痛の模様。。。

というわけで、搬入で1日の作業の約2/3が終わってしまい
バタバタと設置していたら
あっというまに作業終了時刻

写真は搬入前の朝の平和な時間の
一コマのみになってしまいまして

img_0225
ここに2型+アイランドが入りますよ!

続きはまた後日をお楽しみに。

(ohe)

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ ← クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ ← こちらもクリックお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

               ◎発売中!!
インテリアブックHOME KITCHENS
特設サイトはこちら
           ショートムービーチャンネルはこちら

ノビ~る水栓

みなさま こんにちは。

日中はとっても気持ちよくでも汗ばむくらいですが
夜はかなり冷えますね。
ここのところの朝は
衣替えしていないクローゼットで
着るものが決まらず電車に乗り遅れそうになる。。。
そんな毎日です。

さてキッチンの水栓選びで
蛇口の部分が伸びてくるタイプは
シンク内を洗う時に便利なので選ばれるかたも多いです。

_r2d0227_2

メーカーや形状等によって違いはありますが
伸びる長さはおよそ30~50cmくらいで
シンクの幅が平均的な大きさであれば
ほぼまかなえる長さでしょうか。

そして今回はダブルシンクなのですが
両方の端まできちんとホースが行き届きたいというリクエスト。

合わせると幅100cm以上になるのですが
今回採用となったのは最大80cmも伸びる機種のこちら

DORN B

(メーカーホームページよりお借りしました)

『DORN BRACHT』というドイツメーカーのものです。

このようにメイン水栓とセットで
右側がそのノビ~るシャワー水栓で
普段は“ちょこん”と小さく収まっています。

このメーカーは必要とされる水圧が少し高めで心配だったのですが
メーカーさんご協力のもと確認もでき無事クリアしました~

ただ、今回食器洗機、浄水器、ディスポーザーもあるので
配管がかなり込み入ってさらに複雑となってしまいましたが

施工会社さんもイロイロ検討いただき
何とかうまく収まりそうです。。。

こんなふうにみんなの尽力あってのオーダーキッチン。
喜んでいただけるよう引き続き頑張りますよ~。

(ohe)

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ ← クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ ← こちらもクリックお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

               ◎発売中!!
インテリアブックHOME KITCHENS
特設サイトはこちら
           ショートムービーチャンネルはこちら

そもそもの・・・

みなさま こんにちは。

9月に入りはや1週間。
今月は祝日も多くて、きっとあっという間に過ぎて行きそうな気配ですね。

さて今週は工場にお願いしていた扉サンプルを見ながらの
お打ち合わせがありました。

r0015084

ご希望の洋書のイメージをもとに
今回のお部屋全体のインテリアのイメージにも合うように
扉の形状・木の素材・塗装の色
本番の製作に向けてのお打ち合わせ。

今回は赤みをなるべく消して
木の素材感を“上品に”感じられる扉に。
その微妙な色加減がむずかしい〜(ρ_;)

色だけではなく写真ではわかりにくいのですが
2種類の木目を混ぜて貼ったり
溝を掘ったりちょっとした工夫が詰まっています。

その色味や木目というのが
天然のモノだけになかなか当初の写真どおり、
思い通りにとはいかないこともありますが
結局は全体のイメージに合うように
調整ができればよいのだとは思います。

あまりモノのディテイルにばかり固執してハマりすぎず
そもそもの“幸せをつくりだすキッチン”になれるかが
大事なのだとは思い返して

_r2d0383

(ohe)

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ ← クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
← こちらもクリックお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

               ◎発売中!!
インテリアブックHOME KITCHENS
特設サイトはこちら
           ショートムービーチャンネルはこちら

Search

Calendar

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031